嚶鳴同窓会東京支部会員からのお知らせ イメージ画像
嚶鳴同窓会東京支部会員の皆様から、情報を募集しています。
会員自身が携わっている活動、発表会、展示会のご案内をいたします。
掲載希望の方は、お申込みお問合わせフォームよりご連絡ください。

更新情報

作家、ライター、編集者として活躍されている S50年卒の沼田(五十嵐)佳子さんの新刊です。『結実の産婆みならい帖』シリーズ第二巻!「むすび橋」の続編です。いつの世も、小さな命は希望と勇気をもたらしてくれます。この子たちのために少しでも生きやすい世の中にと、人

作家、ライター、編集者として活躍されている S50年卒の沼田(五十嵐)佳子さんの新刊です。発売一週間で増刷となりシリーズ化が決定しました。現在好評発売中です。山形の八文字屋さん、こまつ書店さんでは平積みで販売されているそうです。出版社からのコメント奥様は魔女

支部だよりでお知らせしたグッズの価格が決まりました。 クリアファイルはA5 サイズ(148×210mm)、付箋は70×70mm の正方形サイズです。 こちらにつきましては、総会・評議委員会での販売を予定しております。 ◎クリアファイル 各200円 ◎付箋 300円 ◎セット(掲載写
『新しい支部グッズについて』の画像

平成元年卒の武内朋子さんのリサイタルが開かれます。武内さんは2016年の総会で素晴らしい歌声を披露してくださいました。今回はガブリエルフォーレVictorHugoの詩による作品、5つのヴェネチアの歌、クロードドビュッシー若き日の四つの歌、オリビィエメシアン「天と地の歌
『Tomoko Takeuchi Recital 2021』の画像

神奈川県大和市の市民劇団「演劇やまと塾」のアドバイザーを務めておられる水野昂子さん(S31年卒)からのお知らせです。第31回公演を期間限定でWeb配信(無料)いたします。宮沢賢治の童話から5作品の朗読劇となります。インターネットから是非ご視聴ください。期間:2021年
『演劇やまと塾Web配信朗読劇~宮沢賢治の童話から~』の画像

作家、ライター、編集者として活躍されている S50年卒の沼田(五十嵐)佳子さんの新刊です。 出版社からのコメント舞台は幕末の江戸、八丁堀~日本橋界隈。21歳の山村結実は、産婆見習いとして、師匠である祖母の家で、同じく見習いのすずとともに寝起きしている。今も昔も、

↑このページのトップヘ